日本代表のシンボルであるサムライブルーは、色そのものもオリジナリティがありますが、それを白いフレアスカートとコーデすると、実にフレッシュかつ快活な印象が生まれます。実際に海外の新聞やサイトでは、日本代表の公式愛称である「ブルーサムライ」が誤解されているようで「Okada’s Blue レスター シティ ユニフォーム Samurai」「Blue フロンターレ ユニフォーム Samurai」という表現が頻繁に使われている。 とはいえ世界のトップ5との開きは大きく、さらなる飛躍のためにはユニフォーム販売地域の拡大とチームの躍進が必要とのコメントが残されています。 スタジアムの収容人数が少ない為、チケット販売の比率が低い事が問題視されていますが、こちらは拡張計画があり、改善するようです。

その他の興味深い詳細横浜 f マリノス ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。